結婚式の二次会にふさわしい服装のマナーと絶対にNGな服装を紹介

結婚式の二次会の服装のマナーとは?

二次会の最中に自撮りをして盛り上がる三人の男性

二次会の服装のマナー

結婚式の二次会に出席する際にやはり気になるのは服装と言えます。きちんとお洒落をしてマナーを守るように心がけましょう。

ですが結婚式、披露宴はフォーマルが基本となりますが二次会の招待状に「平服でおこし下さい」と記載されていることが少なくありません。

平服の定義は略礼装ですので改まった場に出席しても恥ずかしくない服装を指し、決して普段の服装という意味ではないので注意しましょう。

だからフォーマルである必要はないけどその場に合った服装を選ぶことが重要です。実は結婚式二次会の服装は正式な決まり事はありません。

だから返って迷ってしまうという人が多いと言えますが男性はスーツ女性はワンピースかスーツが基本となります。二次会がお洒落な雰囲気のレストランの場合はフォーマルなワンピース、サテン地のモノがお勧めと言えます。

また二次会がカジュアルレストラン、居酒屋の場合であってもお祝いの席であることを意識してあまりラフな服装な避けて下さい。

二次会は結婚式とは異なり柄ワンピース、ブラウスとスカート、パンツスーツなどもOKです。

二次会の服装でNGなのは

二次会で絶対にNGな服装は白系のドレス、ワンピ、露出の高い服装です。結婚式でなくても花嫁が二次会に白いドレスを選ぶことが多いので、白は花嫁の色なので二次会でも着ないようにして下さい。

さらに結婚式や披露宴と同様にお祝いの場なので肌の露出が高い服装は選ばないようにして下さい。ノースリーブなどの場合は上に羽織るモノを必ず用意しておきましょう。

さらにお祝いだからと気合を入れてあまり豪華過ぎるドレスも悪目立ちするので控えて下さい。あくまで主役は花嫁なので花嫁より目立つ服装はNGです。

ですが逆にカジュアル過ぎるのもお祝いの席にはふさわしくないのでTシャツ、ジーンズ、スニーカー、タンクトップ、ミニスカート、メッシュ素材、ファー素材の服装は止めておきましょう。

それと高級ブランド品でも革のバッグ、大きなサイズのバッグは結婚式二次会には不向きです。さらに不祝儀をイメージするのでブラックパールのアクセサリーは付けないようにして下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ