二次会における一連の流れ

二次会で行うプログラムってどんなことをするのですか?

乾杯に備える二次会の参加者たち

二次会で行われるプログラムというのは、何の二次会化によって大きく変わってくるものです。結婚式での二次会であれば、一次会よりも少しはっちゃけたようなプログラム展開でもいいですし、主役である新郎新婦たちが望むのであれば、一次会のような厳粛な会を行うのもよいでしょう。

二次会というのは一次会と比べ皆さんの自由に行いワイワイ楽しく行う方々がほとんどです。外部からミュージシャンの方やお笑い芸人の方を呼びディナーショウのような形をとったり、ゲスト達による笑いのショーを展開するなどとにかく盛り上がるプログラム構成が好まれがちです。

二次会で行う出し物を事前に参加者で決めておき、主役やゲストたちを盛り上げることに特化した会といえます。二次会のプログラム構成の中で良く行われるのが「ゲームイベント」です。

景品を事前に用意しておき、ビンゴ大会やクイズショーなどで楽しく行うことが多いのです。景品に関しては、家電製品、高級食品、ワイングラスなどが一般的で、少し高めなものが上位の等級に設定されます。

ゲームイベントは二次会前半のおしゃべりをしながら飲食を行う時間が少しだれてきたときに行うとプログラムにメリハリがつき効果的です。

とにかく出演者を飽きさせないことが大切ではありますが、一次会よりかはフランクな場ですので、現場を取りしきる漢字の方々もそこまで気を張る必要はありません。

主役がいる二次会のラストシーンでは、今後の抱負をゲストへの感謝の気持ちを込めて語ってもらうのが締めにふさわしいプログラムの流れです。

主役の人は、このシーンで感極まって泣いてしまう方もいるのですが、最後には必ず笑って主役に拍手を送りましょう。BGM選びも重要であり、その世代に合った感動的な歌を流すと演出効果が高まります。

これらすべてのプラグラムが終えるとお開きとなり、それぞれ個人の自由時間となり全てが終了となります。事前にゲストからアンケートを取っておくと、選曲や景品の種類など、それぞれの希望にあった物を提供しやすくなり、トラブルが無くなります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ