友人の結婚式で二次会の幹事を頼まれた時に考える事

友人の結婚式の二次回で、幹事を任されたと言う方は色々と考えないといけません。過去に経験がある方は、要領がわかっているので大丈夫ですが、初めて経験される方は、成功させる為にネットなどで調べ大変な思いをされていると思います。

今回は「友人の結婚式の二次会の幹事を頼まれたら」と言う内容です。

二次会の幹事に任命されたノリノリの女性

初めての二次会幹事

新郎や新婦から、経験式の二次会の幹事を頼まれた時は、過去に経験がなくても快く承諾して下さい。今後の友人関係も更に良くなりますし、自分自信の経験値が上がります。

分からない事があればネットで調べたり、友人に聞いても構いません。

幹事として大切な事に

幹事として1番大切な事は、その会の進行をスムーズに進めて、新郎新婦をはじめ出席者の方を楽しませる事です。更には出席者の方の心に残れば、上出来です。

二次会の最中

二次会がスタートすれば、司会進行は大概スムーズに出来ます。あとはゲームやサプライズなどをどれだけ事前に準備するかにかかっています。

サプライズについては、事前に出席者などと相談して新郎新婦に仕掛けるのが、1番無難で喜んで貰えます。

具体的なゲームとは

二次会のゲームで盛り上がる事は沢山あります。その内のいくつかを紹介します。スクリーンに新郎新婦の写真を投影し、ゲストをランダムに指名し、その写真を見て面白い事を言うゲームです。

これは指名されるドキドキ感、指名されたゲストの発言への注目度、発言内容などで盛り上がります。また、サイン集めゲームなども盛り上がります。

サイン集めゲームとは、参加者全員に色紙を配り、制限時間内に誰が1番サインを集められるかと言うゲームです。サインを書いて貰ったり、書いたりしなければいけないので、参加者全員が交流出来る事も、このゲームのメリットです。

『友人の結婚式で二次会の幹事を頼まれた時に考える事』の最後に

初めて結婚式の二次会の幹事を頼まれた時は、それなりに大変でプレッシャーもあります。しかし成功に終わった時の達成感はありますので、頑張って挑戦して下さい。

■二次会と言えばゲームの景品!渋谷区での二次会の景品を選ぶならココ!
■結婚式二次会景品や忘年会の景品なら|景品応援団
■URL:http://www.keihin-oendan.com/

サブコンテンツ

このページの先頭へ